メニュー

女医対応。皮膚科・形成外科・アレルギー科を 京都駅近辺でお探しなら、くみこクリニック京都駅前院へ。お肌の悩みを一緒に解決しましょう。

診療時間 10:00~14:00 15:00~19:00(最終受付18:30)
休診日 水曜、日曜、祝日

マッサージピールとは

マッサージピールは、マッサージをしながら行う治療であるため、こう呼ばれています。イタリア製の薬剤(PRX-T33)を皮膚に塗り、マッサージしながらお肌の真皮深層にまで働きかける治療です。「コラーゲンピール」と称しているクリニックもあります。
毛穴の開き、小じわ、ニキビ・ニキビ痕、肌のハリや弾力などを改善するピーリングです。

使用する製剤PRX-T33には、3つの成分が含まれています。

高濃度TCA(トリクロロ酢酸)
線維芽細胞の活性化、コラーゲンの増生など高い美肌効果がある一方で、強い剥離・炎症作用があります。低濃度の過酸化水素と併用することにより、本来の剥離・炎症作用を抑えることができます。
過酸化水素
高濃度TCA(トリクロロ酢酸)の強い剥離・炎症作用を抑えます。細胞の活性化を促します。
コウジ酸
美白に対する有効成分であり、シミの原因であるメラニンの生成を抑える効果があります。

ケミカルピーリングは古い角質を取り除く(剥がす)ことで肌の再生を促すのに対し、マッサージピールは皮膚の剥離作用はほとんどなく、線維芽細胞を活性化させコラーゲンの産生を促す治療法です。
マッサージピールは、施術直後からお肌のハリやツヤ、弾力を実感することができます。
1回の治療で効果を実感していただけますが、効果を持続させたい方は1〜3週間おきに5~10回程度の治療をおすすめします。
ヒリヒリとした軽い痛みが起こることもありますが、ダウンタイムはほとんどない治療です。施術当日からメイクをしてお帰りいただけます。
ただし、単純ヘルペスの症状がある方、妊娠中の方、ケロイド体質の方などは治療が行えない場合があります。医師にご相談ください。

マッサージピールはこんな方におすすめです

  • 毛穴の開きや黒ずみが気になる方
  • ニキビ・ニキビ痕が気になる方
  • 小じわが気になる方
  • シミ、肝斑が気になる方
  • ハリや弾力がほしい方
  • 白く透明感のある肌にしたい方

マッサージピール施術の流れ

  1. STEP 01 カウンセリング・ご説明

    医師が診察し、施術の手順などをご説明します。施術のリスクやアフターケアなど、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

  2. STEP 02 ピーリング剤塗布

    施術当日はメイクを落としていただきます。
    薬剤をお顔に塗布し、マッサージしながら浸透させます。

  3. STEP 03 拭き取り・洗顔

    ピーリング剤を拭き取ります。拭き取り後、水で洗顔をしていただきます。

  4. STEP 04 アフターケア

    施術後、お顔にほてりがある場合は冷やしてください。ピーリング直後は皮膚が薄くなっているため、保湿、紫外線対策を心がけてください。
    施術後からメイク可能です。
    気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

Q&A

ケミカルピーリングとマッサージピール、違いは何ですか?
いずれも、透明感のある美しい肌を目指す施術ですが、
・ケミカルピーリング:
古い角質を取り除く(剥がす)ことで肌の再生を促す
・マッサージピール:
皮膚の剥離作用はほとんどなく、線維芽細胞を活性化させコラーゲンの産生を促す
という違いがあります。また、実際に使用する薬剤も違いますし、薬剤をお肌に塗ったあとの対処も違います(マッサージピールは、文字通りマッサージを行います)
自分にはどちらが合っているか分からないのですが?
毛穴の開きやニキビ跡が気になる方は、どちらの施術でも対応できます。毛穴の黒ずみやくすんだ肌を改善したい方は、マッサージピールの方がより効果的かもしれません。ただし、必要となる料金などにも差がありますので、詳しくはカウンセリングにてご相談ください。
施術を受けた後、日常生活で気を付けることはありますか?
いずれも、施術当日からのシャワーや洗髪、入浴は可能ですが、施術を受けた日から1~2週間は、施術部位をこすらないようにしてください。また、ケミカルピーリングを行った部位は日焼けしやすくなりますので、日焼けをしないように気を付けてください。外出時は、日焼け止めクリームなどを使用しましょう。
ページトップ